《完全保存版》台湾の電圧とコンセント事情まとめ

《完全保存版》台湾の電圧とコンセント事情まとめ

初めて台湾に行く方にとっては、スマートフォンの充電をはじめ、カメラやタブレット、ドライヤーなどの電化製品をそのまま台湾で使えるのかと疑問に思うことがありますよね。

海外旅行には変圧器やコンセントの形状を変換するアダプターが必要と聞くことも多く、台湾旅行でもそれらを買わなければいけないのかと調べている方に朗報ですが、実は、台湾では日本の家電製品をそのまま使うことができます!

台湾で日本の家電製品が使える理由を説明していますので、台湾旅行に行く前に見ておきましょう♪

ほとんどの日本の家電製品は台湾で使える!

家電製品を海外で使うために気を付けるべきポイントは2つ、「コンセントの形状」と「電圧」です。

下の図にあるように、世界中には様々なコンセントの形状があります。日本では皆さんおなじみのAタイプですが、台湾もAタイプが採用されています。なので、1つ目のポイント「コンセントの形状」については特に気にする必要はありません。

台湾 コンセント プラグ

台湾ではまれにAタイプ以外のコンセントがあるのですが、めったにないのでさほど気にする必要はありません。

2つ目のポイント「電圧」に関しても、日本は100V(50/60Hz)、台湾は110V(60Hz)と10V異なりますが、日本の家電製品は100V~240Vに対応しているものがほとんどなので、実際には気にせずそのまま使うことができます。

まとめると、

  • 日本:Aタイプ、100V(50/60Hz)
  • 台湾:Aタイプ、110V(60Hz)
  • 電圧は10V異なるが、ほとんどの日本の電化製品の対応範囲内

となります。

台湾で使えない日本の家電製品とは?

先ほども説明しましたが、日本の家電製品は100V~240Vに対応しているものがほとんどですが、たまに100V専用のものがあります。

台湾の電圧が110Vですから100V専用のものは使えませんと言いたい所ですが、実は100V専用のものでも使えてしまいます。ただし、故障等の原因になるので、変圧器を通して使った方がいいでしょう。特にスマートフォンやPCなどの精密機器の場合は変圧器を使うか、100V~240V対応の充電器を使いましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)