《タブー!!》台湾に持っていってはいけない日本のお土産特集!

《タブー!!》台湾に持っていってはいけない日本のお土産特集!

短期の留学やホームステイなどで台湾へ行く場合は、日本からお土産を持っていくと最初の友好関係が築きやすいですよね。 また、台湾に何回も旅行に行っていると、現地の人(台湾人)と仲良くなることも多く、日本のお土産を持っていくことがあるでしょう。

しかし、日本人に喜ばれるお土産が必ずしも台湾人に喜ばれるわけではありません。そこで今回は、台湾に持っていくべきではない日本のお土産紹介していきます。日本では評判が良くても、台湾の文化では受け入れられないものがありますので、お土産を選ぶ際の参考にしてください。

また、台湾の方へ持っていくと喜ばれる日本のお土産については以下で紹介しています。
>>台湾に持っていくと喜ばれる日本のお土産10選!

八つ橋

八つ橋 台湾お土産
八つ橋は台湾へのNGなお土産として定番です。様々な雑誌やサイトでも紹介されていますが、台湾人はニッキ(シナモン)が苦手な方が多く、八つ橋は好まれません。

ハンカチ

日本ではオシャレでかわいいハンカチを気軽に渡すこともありますが、台湾ではお葬式の香典返しに使われることもあり、あまり好まれません。

時計

台湾 お土産 時計
中国語の発音に絡んでNGとなっているのが時計です。中国語では時計の発音は“zhōng”と言うのですが、この発音が終焉を意味する中国語の”终=zhōng”と同じです。さらに時計を送るというのが終焉を送るという言葉に解釈されてしまうのです。

靴 台湾 お土産
「靴を履いて私の元から出て行って」というニュアンスで、靴は別れを意味するものなのでプレゼントとしてはNGです。

ロウソク

ロウソク お土産 台湾
日本ではロウソクをプレゼントすることも多いですよね。かわいい置物にもなりますし、アロマのにおいが気に入っているからと誕生日などにプレゼントすることもしばしば。でも、台湾ではロウソクは亡くなった方に対して使うものとして考えられているので、贈り物としてはふさわしくありません。

包丁などの刃物類やハサミ

「切る」ということから「縁を切る」を連想するため、贈り物としてふさわしくありません。

まとめ

これらはあくまで一般的に言われている台湾人にNGなお土産です。個人的に友好関係がしっかりとできていれば、たいていのものは喜ばれますし、今の若い世代はほとんど気にしない方が多いです。ちなみに、私は以前台湾の友達に八つ橋買ってきてよと頼まれたこともあります。

もちろん、お土産は喜んでもらってこそ意味がありますから、ここで挙げたNGなお土産を選ぶよりは、以下で紹介している喜ばれやすいお土産を持っていくのが無難でしょう。
>>台湾に持っていくと喜ばれる日本のお土産10選!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)