《え!?意外!》台湾旅行にパスポートケースが必要な3つの理由

《え!?意外!》台湾旅行にパスポートケースが必要な3つの理由

海外に行く上で大切なパスポートを保護するパスポートケース。

海外旅行や出張に慣れている方は持っていることが多いですが、初めて海外に行くという人は持っていませんよね。また、パスポートケースの必要性もあまり理解できていないのではないでしょうか。

そこで、海外に行く上でパスポートケースを持つべき3つの理由(必要性)をまとめてみましたので、参考にしてください♪

目次

  1. 盗難/紛失防止
  2. 便利(旅券などと一緒にしておける)
  3. おしゃれアイテムとして活用できる
  4. まとめ

1.盗難/紛失防止

パスポートケースの必要性の1つ目は、何といっても盗難/紛失を防止するためです。

パスポートは海外では身分証明書となりますので、海外に滞在している間は肌身離さず持ち歩く必要があります。持ち歩くということは、その分だけひったくりやスリ、置き忘れてしまう可能性も増えます。

治安が悪い国では必要だけど、台湾のような治安がいい国では必要ないという意見も聞きますが、ひったくりやスリにあう可能性は日本よりも高いです。というより、日本ほどひったくりやスリが少ない国なんてないと考えていいでしょう。

また、パスポートの盗難はカバンごと盗まれてしまうのがほとんどのケースです。財布やスマホを狙った窃盗で、カバンにしまっておいたパスポートもなくしてしまうということが多いのです。スーツケースにしまっている方は要注意です。

パスポートをなくすと、楽しい旅行が一転、悲惨な旅行になってしまいます。例えば、パッケージツアーで行っている場合、パスポートを紛失すると1人で現地に置いてけぼりになり、さらに帰りの航空券を自腹で購入というような事例もあります。さらに、カード類(クレジットカードなど)が手元に残っていた場合でも、それらを使用する際に身分証明書としてパスポートが必要な時もあり、一切の買い物ができなくなってしまうということもあります。

そこで、ひったくりやスリに合わないためにも、また最悪カバンが盗まれた場合にも、パスポートだけは手元に残るようにパスポートケースが必要なのです。

2.便利(旅券などと一緒にしておける)

パスポートケースには旅行代理店などで配られる透明の袋のタイプと、店舗やECショップで販売しているタイプの2種類があります。

1つ目のタイプは決して便利とは言い難いのですが、2つ目のタイプは利便性を考えて作られているので非常に便利なものが多いです。

例えば、搭乗手続きに必要な航空券などをまとめて入れて置けるので、搭乗手続きの際にカバンの中を探し回る必要がありません。

3.おしゃれアイテムとして活用できる

パスポートを他人に見せる機会はあまりありませんが、搭乗手続きの時や海外のレストランでクレジットカードを使おうとしてパスポートの提示を求められた時に、おしゃれなパスポートケースが見えると好印象です。

また、腰につけるタイプのものなどは、ファッションアイテムとして活用することもできます。

パスポートケースが必要な理由まとめ

  1. 盗難/紛失防止
  2. 便利(旅券などと一緒にしておける)
  3. おしゃれアイテムとして活用できる

日本人は盗難に対する意識が低いのか、パスポートケースを持っている人が少数派かもしれませんが、海外に行くのであれば持っていくべきです。

様々な用途で使えるパスポートケースは以下でまとめていますので参考にしてみてください。
>台湾旅行に持っていきたいおしゃれなパスポートケース10選!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)