格安で台湾旅行を楽しむ5つのコツ

格安で台湾旅行を楽しむ5つのコツ

限られた予算の中で、なるべく安く台湾旅行に行きたいという思いはありますよね。今回はとにかく安く台湾旅行をするための5つのコツを紹介したいと思います。

目次

1.LCC(格安航空)を使う

台湾旅行
台湾旅行で最もお金がかかるのは航空券かホテルです。時期や時間帯にもよりますが、LCCを使えば日本と台湾を2万円前後で往復することができます。

日本と台湾の間を飛んでいるLCCにはバニラエア、ピーチ、ジェットスターなどがあります。LCCはキャンペーンをやっていることも多く、キャンペーンを利用すれば1万円程度で往復することも可能です。ただし、キャンペーンは数が限られている上に、時間帯が利用しにくい(早朝や深夜便)が多いので気をつけましょう。

2.民宿を使って格安で泊まる

台湾 民泊
日本でも近年注目を集めているAirbnbなどの民宿ですが、台湾ではごくごく一般的なものとして受け入れられています。民泊はホテルと比べて格安で泊まれることが多く、ホテル代を節約したいという方にはおすすめです。

もちろん、ホテルのようなサービスを期待することはできませんし、あくまで他人のお家にお邪魔させていただくという姿勢が大切です。お客様として至れり尽くせりの対応をしてほしい方はホテルに泊まりましょう。一方で、民泊では現地の方と交流することもできるので、ひと味違った台湾旅行にしたいという方は民泊に泊まってみてはいかがでしょう。

3.ホテルの比較予約サイトを活用する

台湾 ホテル
民宿に泊まるのには抵抗があるという方は多いですよね。お金のために無理して民宿に泊まりたくないという場合、ホテルに泊まることになると思いますが、その際ホテルの比較予約サイトを使うと安く泊まれることが多いです。

様々な比較予約サイトがありますが、台湾でホテルを探す場合はBooking.comががおすすめです。台湾のホテルの情報が多く、レビューも信憑性が高いので重宝できます。ただし、レビュー数が少ないホテルに関しては「サクラ」の可能性がありますので(Booking.comに限らずあらゆる比較サイトで)、注意が必要です。

>>Booking.comで台湾のホテルを検索する

4.できるだけ早く予約する

台湾 青空
航空券やホテルをできるだけ早く予約することが格安で台湾旅行をするためには大切です。当然のことかもしれませんが、航空券やホテルは早ければ早いほど安い傾向にあります(例外もあり)。キャンペーン情報などを狙って待っているのもいいかもしれませんが、旅行の日程が決まっているのであれば出来る限り早く予約しましょう。

5.オフシーズン/平日に台湾旅行をする

台北101
世界中の観光地には観光に向いているベストシーズン(オンシーズン)と観光には向いていないオフシーズンがあります。例えば京都でいうと秋の紅葉のシーズンはまさに観光のベストシーズンと言えますが、底冷えの厳しい1月中旬から2月は観光の見所が少ないオフシーズンと言えます。

京都と同様に、台湾にもベストシーズンとオフシーズンがあります。当然、ベストシーズンの方が観光にかかるお金(宿泊費や飛行機代など)は高くなりますので、とにかく安く台湾旅行に行きたいという人にオススメなのがオフシーズンに行くということです。

台湾旅行のベストシーズンやオフシーズンについては以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。
>>台湾旅行のベストシーズンとは?おすすめの時期と季節ごとの天候を紹介

また、オフシーズンに台湾旅行をすることと似ていますが、当然ながら土日や祝日に台湾旅行をするよりも、平日に台湾旅行をした方が安くなることが多いです。もちろん、平日に休みが取れないという方も多いと思いますが、平日に休みを取れる方は土日を避けて平日に行くのがお金の面だけでなく、観光面でもオススメです。というのも、観光地は混むことが多いですが、平日に行けば比較的空いていることも多いためです。

まとめ

格安で台湾旅行を楽しむ5つのコツはいかがでしたか?

安く旅行するためのポイントとしては大きな出費から考えることです。台湾旅行で一番大きな出費は航空券かホテルの場合がほとんどですので、まずは如何に航空券とホテルを安くするかということから考えてみるのが大切です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)