台北は九份だけではない?!すぐ近くの「猴硐猫村」は猫好きにはたまらないスポット!

台北は九份だけではない?!すぐ近くの「猴硐猫村」は猫好きにはたまらないスポット!

台湾の中でも首都台北は日本人観光客にはとても人気のある都市です。台北に行く観光客のほとんどが訪れるという九份はノスタルジックな雰囲気でとても有名ですよね。この九份の最寄り駅は「瑞芳駅」なのですが、この一つ隣の「猴硐駅」のエリアにも実は見逃せない観光スポットがあります。今回は、猴硐猫村の魅力について紹介します。

目次

  1. 「猴硐猫村」とは?
  2. 猫村は本当に猫が多いの?
  3. 猫村には素敵なカフェやお土産屋がたくさん♪
  4. 猴硐で見られる遺産とは?
  5. まとめ

「猴硐猫村」とは?

猴硐猫村
Photo by Flickr MiNe

猴硐猫村は小さな村の中に、たくさんの猫がいる猫村として有名な観光スポットです。元々このエリアには猿が多くいたため「猴硐」と呼ばれていましたが、現在は猫が100匹以上いてあちらこちらでのんびりしている様子をみることができます。

かつては炭鉱の町としても知られていたのですが、当時ねずみよけのため猫を大事に飼い始めたことから増えていったそうです。4~5年前から、街でのんびりする猫を見るために観光客が集まりはじめ、今では、世界6大猫スポットとして有名になりました。ちなみにこのランキングには日本の宮城県と福岡県の島もランクインしています。

猫村は本当に猫が多いの?

猴硐猫村
Photo by Flickr Dal Lu

猴硐駅を降りるとさっそく猫の看板や猫のモニュメントがあります。街を上げて猫のピーアールをしているようです。駅の右手に続く橋は「猫橋」といわれ、ここにはすでに猫がたくさんいます。専用の餌台も設置されており、ここでは観光客が餌を与えることが可能です。世界で初めての「人と猫の共同橋」なのだそうです。おもしろい橋を抜けると、とにかくたくさんの猫がくつろいでいます。

天気のいい日は、道の真ん中で日向ぼっこをしている猫もいますよ。近づくとすぐ逃げてしまう子もいますが、中には撫でられるのを待っている猫や人間に慣れて近づいてくる猫までさまざまです!隙間に隠れていたり、ひょこっと出てきたりと、かくれんぼをしているようで楽しいです。猫好きだったら、毎日ここで過ごしたいほどたくさんの猫ちゃんと出会えます。

猫村には素敵なカフェやお土産屋がたくさん♪

猴硐猫村
Photo by Flickr *chi

この猴硐猫村では、猫だけではなく、お土産屋やカフェも楽しむことができます。お土産屋ではかわいい猫グッズをはじめポストカードなどが売られています。そして驚きなのが、猫が店内でくつろいでいるということです。商品に紛れて寝ていたりと全く逃げる様子もなく、日本では見られない光景ですね。

猴硐猫村
Photo by Flickr MiNe

また、おしゃれなカフェが最近はとても増えていて、猫をモチーフにしたメニューを楽しむことができます。中には、猫ちゃんとふれあいながらお茶をすることが出来るのでまさに「猫カフェ」状態。猫好きにはたまらないここでしか味わえない素敵なひとときを過ごすことができます。

猴硐で見られる遺産とは?

猴硐で見られる遺産
Photo by Flickr MiNe

猫が多くいるエリアから戻って橋を渡った反対側には、炭鉱跡を見ることができます。猴硐はかつて炭鉱の街として栄えたとお伝えしましたが、実は日本の統治時代に三井が管理する鉱山でした。今では、廃墟となっていますが、この鉱山跡も見学することができます。

薄暗い物悲しい雰囲気も、どこか懐かしい雰囲気を感じ魅力的です。近くには炭鉱時代の歴史や資料を展示した願景館があります。実際に石炭をのせるために使われていた線路が、今は観光用トロッコ列車が通る線路として使われています。

また、日本統治時代に建てられた従業員がお参りしていた日本式の神社の鳥居もあります。ところどころにある説明書きは日本語でも書いてあるので中国語ができなくても心配ありませんよ。日本とも関係が深いこの街の歴史を知ることでより親しみがわきますね。

まとめ

今回は九份からすぐ近くの大人気スポット「猴硐猫村」を紹介しました。猫の街と知られる猴硐猫村ですが、石炭跡や歴史館など日本との歴史の深いつながりも感じられる場所です。九份も鮮やかで素敵な場所ですが、隣の駅にも寄ってぜひ猫と戯れながら歴史を感じてみてくださいね!

バックパッカーとして世界一周経験後、現在は旅のワクワクを伝える旅ライターとして活躍中。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)