台湾に行くなら無料WiFiのTaipei Free(台北フリー)を事前登録しよう!

台湾に行くなら無料WiFiのTaipei Free(台北フリー)を事前登録しよう!

海外旅行に行く際に気になるのがネット問題。土地勘のない旅行先でGoogleMapを見たり、観光スポットやおしゃれなカフェでインスタやツイッターを更新したいですよね。

普通はSIMフリー携帯やWiFiルーターを購入する所ですが、台北には台北市が提供しているTaipei Freeという無料のWiFiサービスがあります。今回はTaipei Freeの使い方をはじめ、利用可能な場所や実際に使ってみた感想をまとめましたので、台北に旅行に行く方は参考にしてください♪(^^)

目次

台湾の無料WiFi Taipei Free(台北フリー)とは?

Taipei Free(台北フリー)とは、台北市が提供している無料で利用できるWiFiサービス(公衆無線LAN)です。Taipei Free専用のアカウントを一度取得すれば、台湾人でなくても一生無料WiFiを使うことができるというものです。

Taipei FreeはMRT線の各駅付近をはじめ、街中の至る所に設置されています。アカウントは台湾に行く前に日本からオンラインで申請することができます。台湾旅行の前に申請しておくと何かと便利です。

Taipei Freeのアカウント登録の方法

Taipei Free

画像引用:Taipei Free 臺北公?區免費無線上網 HP

Taipei Freeのアカウント登録は、以下のTaipei Freeの公式ホームページから行います。ちなみに日本語でできますのでご心配なく!

ホームページ:https://www.tpe-free.tw/tpe/index_jp.aspx

ホームページにアクセスしたら、「無料アカウントの申請」をクリックします。すると、下の図の画面になりますので、必要事項(国、携帯電話番号、パスワード、メールアドレス)を記入します。

台北フリー アカウント登録

ちなみに、登録できないと悩む方は携帯電話の番号を間違えていることが多いです。Taipei Freeの登録には国番号(日本だと81)が必要なので、携帯電話の番号の先頭に「81」を付けて、最初の「0」を省きます。例えば、080-9999-9999という番号の場合、「81899999999」と登録します。

4項目の入力が終わったら、規約に同意するにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。登録した携帯電話宛に認証コードが届きますので、届いた数字を入力すればTaipei Freeのアカウント登録は完了です。

まとめると、以下の4ステップでアカウント登録は完了します。

  1. ホームページにアクセスする
  2. 「無料アカウントの申請」を選択する
  3. 4項目を入力する
  4. 携帯電話の認証をする

台北到着後のTaipei Freeへの接続方法

台北に着いたらまずはスマホのWiFiをオンにしましょう。

Taipei FreeのWiFiスポットであれば、「TPF-Free」か「TPF-Free_CHT」というものが出てきますので、そちらを選択します。

選択すると、Taipei Freeのログイン画面になりますので、日本で事前登録した情報でログインをします。中国語でわからないという場合は、以下を参考に入力してください。

  • 請選擇您的上網身份
  •  「Taipei Free用戸」を選択します。

  • 請輸入您的帳號(手機號碼)
  •  Taipei Freeのアカウント登録に使用した携帯電話番号を入力します。(81を先頭につけて0を省いた番号です)

  • 請輸入您上網密碼
  •  Taipei Freeのアカウント登録をしたときのパスワードを入力します。

  • 記住我的資訊
  •  入力した情報を記憶させるかどうかのチェックです。

  • 下回自動登入
  •  次回以降自動的にログインするかどうかのチェックです。

Taipei Freeが利用可能な場所

誠品信義旗艦店 図書館

Taipei Freeが利用できる場所は、台北市内の公共施設(学校、病院、図書館、行政施設)をはじめ、MRT駅や主要観光スポットなどの周辺で使うことができます。

以下のTaipei Freeの公式ページからスポットを探すことができますが、台北市内では多くの場所がカバーされていますので、WiFiをオンにすればすぐに見つかります。

ホットスポット検索:https://www.tpe-free.tw/tpe/hotspot_jp.aspx

Taipei Freeの速度やを使ってみた感想

Taipei Freeはあくまで無料の公共WiFi。高いクオリティを期待すべきではないのですが、正直なところ使い勝手はあまりよくありません。特に移動しながらではスポットごとに接続が必要になり(場合によっては毎回ログイン求められます)、GoogleMapを見ながら移動するというのは難しいです。

日本の通信環境に慣れてしまっていると、かなりストレスが溜まるかもしれません。もちろん、観光に訪れた台北で、無料でWiFiを使えるというのはありがたい話です。ちなみに日本の無料WiFiの環境よりはよっぽど先を行っているのは間違いありません。

たまにしかネットを使う予定がないという方はTaipei Freeで問題ないと思いますが、ネットをサクサク使いたいという方はSIMを購入するかWiFiルーターを購入した方がいいでしょう。台北の滞在日数にもよりますが、1,000円程度で購入できるので、ネットに繋がらないストレスを感じるよりも購入した方が精神的にもいいかもしれません。

WiFiルーターとしては世界の果てまでイッテQ!でおなじみのイモトさんがイメージキャラクターとなっているイモトのWiFiの評判が高いです。

まとめ

Taipei Freeの使い方はわかりましたか?

台北に行く前に、日本で事前登録をしておくと何かと便利です。SIMやWiFiルーターを購入する場合でも、Taipei Freeの事前登録は済ませておきましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)